人気ブログランキング |
ブログトップ

コメットだより☆

comet1958.exblog.jp

~光よ 永遠に~

<   2010年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

誠実な心_c0125004_625056.jpgJune 11, 2010
内丸教会にて

柴田南雄(北原白秋)
風 (三つの無伴奏混声合唱曲)
Mendelssohn
Fruhlingsahnung
大中恩(佐藤春夫)
海の若者
秋の女よ
上元芳男(野田宇太郎)
かもめに寄す
髙田三郎(岩間芳樹)
冬・風蓮湖
練習しました

※6月11日の誕生花は「アガパンサス」 花言葉は「誠実な心」
by comet1958 | 2010-06-11 20:55
優しい思い出_c0125004_22444730.jpgJune 09, 2010
舘坂橋教会にて

Haydn
ORATORIO "THE SEASONS"
Komm, holder Lenz
Ewiger, machtiger, gutiger Gott!
Beethoven
Die Ehre Gottes aus der Natur
Schumann
Zigeunerleben
Brahms
Spatherbst
Reger
Trost
練習しました

※6月9日の誕生花は「スイートピー」 花言葉は「優しい思い出」
by comet1958 | 2010-06-09 22:40
by comet1958 | 2010-06-06 17:30
ヨーロッパの音楽_c0125004_6273090.jpgHaydn
~ORATORIO "THE SEASONS"~
Komm, holder Lenz
Ewiger, machtiger, gutiger Gott!
Beethoven
Die Ehre Gottes aus der Natur
Schubert
Hirtenchor
Mendelssohn
Fruhlingsahnung
Schumann
Zigeunerleben
Brahms
Spatherbst
Reger
Trost


第47回定期演奏会








[トップページ]

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 
by comet1958 | 2010-06-06 16:00
Die Ehre Gottes aus der Natur_c0125004_17253724.jpgDie Himmel rühmen des Ewigen Ehre,
ihr Schall pflanzt seinen Namen fort.
Ihn rühmt der Erdkreis, ihn preisen die Meere;
vernimm, o Mensch, ihr göttlich Wort!

Wer trägt der Himmel unzählbare Sterne?
Wer führt die Sonn' aus ihrem Zelt?
Sie kommt und leuchtet und lacht uns von ferne
und läuft den Weg gleich als ein Held.

天は永遠の栄光を讃え
その響きは御名をあまねく伝える
主を大地は讃え、主を海は讃える
聴くがよい、おお人間よ、彼らの神聖な言葉を!

誰が天の数え切れぬ星を支えておられるのか?
誰が太陽をそのテントより導き出されるのか?
太陽はやってきて輝き 遠くより我らに笑いかける
そしてその道を進んでゆく 英雄のように
by comet1958 | 2010-06-06 15:30 | ことばたち
Hirtenchor_c0125004_17264327.jpgHier auf den Fluren mit rosigen Wangen,
Hirtinnen, eilet zum Tanze herbei,
lasst euch die Wonnen des Fruehlings umfangen,
Liebe und Freude sind ewiger Mai.

Hier zu den Fuessen, Holde dir, gruessen,
Herrscherin von Arkadien, wir dich;
Floeten, Schalmeien toenen, es freuen
deiner die Fluren, die bluehenden, sich,

Von Jubel erschallen die gruenenden Hallen
der Hoehen, die luftig, der Fluren, die duftig
erglaenzen und strahlen in Liebe und Lust;
in Schattigen Thalen, die schweigen
die Qualen der lieben Brust.

Von Jubel erschallen die gruenenden Hallen
der Hoehen, die luftig, der Fluren, die duftig
erglaenzen und strahlen in Liebe und Lust.
by comet1958 | 2010-06-06 15:30 | ことばたち
序の歌_c0125004_2134785.jpgしずかな歌よ ゆるやかに
おまへは どこから 来て
どこへ 私を過ぎて
消えて 行く?

夕映が一日を終らせよう
と するときに――
星が 力なく 空にみち
かすかに囁きはじめるときに

そして 高まつて むせび泣く
絃のやうに おまへ 優しい歌よ
私のうちの どこに 住む?

それをどうして おまへのうちに
私は かへさう 夜ふかく
明るい闇の みちるときに?
by comet1958 | 2010-06-06 14:30 | ことばたち
萌える大地の息吹のなか
揺れる地平に向かって走る
ぼくは風
わたしは光

地平線のかなたは海
あらゆるものの母 海
海で ぼくは波になる
海で わたしは藍になる
風と光_c0125004_6203341.jpg波は藍を運び
藍は心を愛に染め
愛は生命をはぐくんで
生命はいま
空をめざして飛翔する

ぼくは風
わたしは光

自分をさがして
はてしのない旅をつづける

ぼくは風
わたしは光

ぼくは風
わたしは光








































by comet1958 | 2010-06-06 14:30 | ことばたち
終曲を
こんなにはっきり予想して
川は大きくなる
終曲を
華やかにかざりながら
川は大きくなる
河口_c0125004_615642.jpg
水底のかわいい魚たち
岸辺のおどけた虫たち
中洲のかれんな小鳥たち
さようならさようなら
川は歌うさようなら

紅の櫨の葉
楠の木陰
白い工場の群よ
さようならさようなら
川はうたうさようなら

筑後平野の百万の生活の幸を
祈りながら川は下る
有明の海へ
筑後川 筑後川
その終曲
あゝ
by comet1958 | 2010-06-06 14:30 | ことばたち
阿蘇_c0125004_17164217.jpgひのくに ひのくに ほのほのくに
あそはかみやま おほいなるやま
いつよりもえて いつまでもゆる
はてなし はてなし
あそ ひのやま

をたけび いぶきの いかしきさま
あそのおほかみ かがやけるかみ
そこよりもえて おくよりもえて
たえざるみむねの
さは かしこし

いくやま いくかは いくらのむら
あそはおほたに ひろらなるたに
とはなるいのち とはなるちから
ふくみてしずまる
かみ おほあそ
by comet1958 | 2010-06-06 14:30 | ことばたち